メイン画像
専門はお腹。かぜ・インフルエンザ・高血圧・糖尿病・メタボリック診療などももちろん守備範囲です。体調がすぐれない時はまず当院にご相談ください。

お腹の病気(消化器疾患)とは胃、腸や肝臓、胆嚢、膵臓などの病気。
これらの病気、例えば胃潰瘍、胃がん、胆石、大腸がん、大腸ポリープ、腸炎、慢性肝炎などを専門的に診断、治療いたします。
このため当クリニックでは高度な診断が可能な診断機器をそろえました。胃や腸の病気を発見したり、ポリープを切除するためのハイビジョン内視鏡、デジタルレントゲン装置や肝臓・胆嚢・膵臓の診断に威力を発揮するエコー・CTを導入。これらによって高いレベルの診断・治療をおこないます。もちろん放置するとがん化するといわれる大腸ポリープの日帰り内視鏡手術も可能です。
内視鏡治療は通院で可能な治療はすべて受けていただけます。例えば大腸ポリープの内視鏡的切除だけではなく、食道静脈瘤の硬化療法や胃潰瘍から出血したときの止血処置なども可能です。

ライン
バックス
パックス、電子カルテによる正確で迅速な診療

画像診断には迅速な画像処理による画像情報の提供が欠かせません。
当クリニックでは内視鏡、エコー、CT画像はすべてパックス化し、撮像後ただちに診察室の電子カルテに電送されますので診察時間が大幅に短縮されます。会計伝票も電子カルテから瞬時に発行されますから、診察終了後すぐに会計をしていただけます。
電子カルテは患者さんの情報が正確に記録されますので過去の記録の紛失や曖昧な記述による情報の誤認がありません。このためいつ再受診されてもあなたの過去のデータを参照して正確な診断に役立てることができます。

ライン2
ライン
統合治療による体と心の癒し

当クリニックのもう一つの特徴は統合医療によって体と共に心の癒しをおこなうこと。
例えば胃潰瘍や腸炎の発症には暴飲暴食や働きすぎ・リストラ・家庭崩壊などに伴うストレスが関与しています。私たちを取り巻く環境が激しく変化し、ますます複雑になる現代では、単に薬を飲むだけでは再発する可能性が高いのです。
本当に病気を治して健康になるためにはストレスによって高まった交感神経をおさえて副交感神経の働きを強め、これら自律神経のバランスをとって心が癒されることが必要です。この目的のために当クリニックでは気功とヨガを取り入れました。気功とヨガをとおして体を整えることで体のみならず心までが伸びやかになり、本当の健康が取り戻せるのです。
患者さんの体だけではなく、心や周囲の社会環境までまるごと受け止めることの出来る医療、これが統合医療といわれるものです。

ライン2

お断り:気功やヨガなどを用いた統合医療は、保険診療はできません。自費診療となりますのでご注意ください。